W不倫に走ってしまう人はなぜそうなってしまうのか?

家庭があるにも関わらずに他の人と不倫をしてしまうのはなぜでしょうか?

・結婚生活に刺激がないから

お互いに好き同士で結婚した場合でも、長く一緒にいると徐々に飽きてきてしまい、異性として見れなくなってしまう場合があります。

喧嘩はないにしてもマンネリ化してしまうことで、外に刺激を求めてしまうことがあります。

結婚生活に特に不満がない場合でも、他に素敵な異性がいた場合にはときめきを抑えられずに、不倫に走ってしまうことがあります。

W不倫の場合には同じような状態で、お互いに結婚しているとわかって上で、不倫に発展してしまうことが多いです。

・そもそも一番好きな相手と結婚したわけではないから

大恋愛をしてすごく好きな人と結婚して家庭を持っているという場合にも、少しづつ不満はたまっていきます。

大恋愛をして結婚したという人ばかりではなく、結婚をした段階から、それほど好きではなかったけれども適齢期で結婚した、お見合いで結婚をした

子どもを授かって結婚したという人も少なくありません。

そういった人は結婚生活をしていくうちに、自分の相手はこの人ではなかったかもしれない、もっと良い人がいたかもしれないという思いが募っていきます。

結果としてW不倫で恋愛を楽しみたいという気持ちで、異性と不倫を楽しむという道を選んでしまうことがあります。

・結婚相手に対して愛情がなくなってしまったから

結婚した時には相手に愛情があるのが普通なのですが、徐々に愛情が冷めてしまうことがあります。

相手が許せないことをした、相手との価値観が決定的に違うなどが原因ですれ違いが出てきて、夫婦関係が成り立っていない場合もあります。

しかし結婚生活を解消するのは簡単なことではなく、経済的なことを考えたり、子どものことを考えたりしていると、愛情がなくても夫婦の形を選ぶという

人は少なくありません。

そういった人がW不倫という形で不倫に走り、配偶者では満たされない気持ちを他の人で埋め合わせようとするのです。

W不倫に走ってしまう理由には様々なものがありますが、共通しているのは今の家庭に満足できずに不満を抱えているということです。

その不満を解消することが難しいという場合には、W不倫で恋愛を楽しむことによって、満たされない気持ちを満たすことができるのです。

いつまでも輝いているためには異性からトキメキを受けたい、愛情で満たされたいと考える人が多く、結果的にW不倫に陥ってしまうことです。

不倫をしていることは決して歓迎されたり、肯定されることではありませんが、決して誰にもばれずにW不倫という関係を楽しむ、家庭を壊さないように

気をつけるというルールを大事にしていれば、それはそれで良いという見方もできます。

W不倫はお互いに不倫だから良いかなという気持ちで、割り切ることができるから安心して不倫に走ってしまう人もいます。