大いに盛り上がる同窓会!友人と一線を越えてW不倫へ

私は数年前に結婚した夫とうまくいっていませんでした。

ベタベタすることが大嫌いな夫と、逆にベタベタすることで愛情を実感できる私はまったく違うタイプだったのです。

最初は性格の違いが上手くいくと思って結婚したのですが、あまりに違う性格は結婚して噛み合わなくなることがあるようです。

私は夫との生活が段々としんどくなっていきました。

夫が近くにいるだけで、イライラしたり、ストレスが溜まったりしました。

こんな環境にいることで、私は少しずつ不満が溜まって行きました。

だから久しぶりに同窓会で会った友達にその不満を話したら、すっごくスッキリしたのです。

夫の愚痴を話したら、「分かる〜」と言ってくれる友達が多数いて、話がすごく盛り上がりました。

こんなに楽しい場はないというくらいにこの同窓会は盛り上がったのです。

同窓会は盛り上がりすぎて、二次会も三次会も行きました。

そして残った仲間とアドレスを交換して、こうして別れました。

この時の楽しかった気持ちが私の中では根強く残り、私の気持ちを分かってくれる人とたまに連絡を取り、愚痴を言い合うようになりました。

友達たちもどうやら鬱憤がたくさんたまっていたみたいで、お互いに楽しく話せました。

しかし一つ私が失敗したことがあります。

この同窓会のメンバーが女性だけではなく、男性もいたんです。

私は学生時代この彼とは友達同士でした。

友達以上には見られなかったけど、何でも話せる唯一の男友達でした。

学校を卒業してもう連絡を取り合うことは無くなっていたのですが、この同窓会でまた連絡先を聞いたのです。

そっからお互いのパートナーの愚痴を言い合うようになりました。

不倫関係になったのもこの彼とでした。

本当にそういうつもりはなくて、ただただ夫の悪口をいう機会が欲しかったのです。

だけど女と男が一緒にいて、ずっと友達のままでいられるはずがなかったです。

ある晩二人で居酒屋で飲み過ぎて、やってはいけない行動を起こしてしまったのです。

お酒の酔いに流されて、どちらともなく誘い体の関係を持ってしまいました。

朝起きて真っ青になりました。

ここできっぱり会うのをやめていたら良かったのかもしれません。

でも私は夫の関係も破たんしていたのもあり、別に不倫でもいいやと開き直ってしまったのです。

人間ストレスが極度の溜まると、とんでもない行動をしでかしてしまいます。

私はこの後も彼とのW不倫を辞めずにいました。

そのせいでまさか離婚してしまうなんて、そんなの考えもしなかったです。

私たちのことがバレたのは彼の奥さんの行動からです。

私と違って夫婦生活が破たんまではいっていなかった不倫相手の妻が探偵を雇ったか何かで私との関係を突き止めました。

そしてあるときに私に掴みかかってきたのです。

この時はさすがの私の肝が冷えました。

こういうことがあって、私の旦那にも不倫がバレて、いろいろと話し合った結果別れました。

お互いにいつ別れるかと考えていたので丁度良かったかもしれません。

悲惨なのは不倫相手です。

どうやら会社にまで知られたらしく、仕事を辞めた上に離婚しました。

もうすごく落ち込んでいて、私が慰めても駄目でした。

結局私とは再婚することはなく、新たな生活をスタートさせました。

不倫は駄目なことだけど、私はこの不倫のおかげで、旦那との生活のピリオドを打てました。

タイミングとしては良かったかなと思うし、別れて正解だと思っています。

ただ不倫相手には悪いことをしたなと思っていて、反省の気持ちはあります。



W不倫は実は都合のよいこともある

結婚生活を何年か過ごしていくと、時に悪い誘いが来ることがあります。

そうです、不倫です。

家庭を持っていながらにして恋人を見つけ、体の関係になってしまうという行為ですね。

やってはいけないことなのですが、実際に周りを見てみると、それなりに不倫をしている方はいるのもです。

その中でもお互い既婚者同士の不倫、ダブル不倫をしている方もいるでしょう。

このダブル不倫ですが、片方が独身という不倫と比べてメリットもあります。

ダブルだからこそ、と言うところですね。

ではどのようなメリットがあるのでしょうか。

まずは同じ立場であることです。

不倫をするというのは、自分の家族は手放さずに違う恋人を見つけることです。

ですので、先のない恋人という言い方も過言ではないでしょう。

しかし相手が独身であれば、もしかしたら本気になられてしまい、この先の関係を願ってくることもあります。

そうなったら厄介ですね。

既婚者側は家族を手放す気もなく、空いた時間に会えればよいというくらいなのに、独身側は離婚して自分と結婚してと言ってきたりと。

しかし両方が既婚者であればそれはありません。

お互いが同じ状況なので、それ以上を望まない同士なのです。

これはとても気が楽ですね。

状況が理解できるもの同士の利点なのです。

そしてもう一つのメリットは、もし喧嘩しても独りではないというところです。

不倫相手になった場合は、もし相手と喧嘩してしばらく会わないとなったときに、いわゆる恋人と距離をおいた状態になります。

孤独感を感じることになりますね。

しかしダブル不倫はお互いが元々相手がいる状態です。

不倫相手と喧嘩しても家に帰れば家族がいる状態なので独りではないですね。

ここに心の余裕が生まれます。

逆をいうと、その余裕があるからこそ、なかなか喧嘩にならないかもしれません。

このように、もし不倫相手と距離をおくことになってもお互いが孤独という寂しさを味あわなくてよいのです。

最後に言えるのは、ダブル不倫をしていることにより本来の家庭が上手くいくことにも繋がります。

ずっと同じ人と一緒にいることは時にストレスになります。

たまには羽を伸ばしたい、刺激がほしいと思うようになるでしょう。

そのストレスを発散してくれるのが不倫相手なのです。

たまに会って刺激をしあいながら、ストレス発散をする。

そしてまたスッキリして家庭に戻るというサイクルですね。

これは利にかなっているのではないでしょうか。

先にも言いましたように、お互いが同じ状況なので、会うことによって変に気を使うことはありません。

不倫によって家庭も上手くいくという、最高のルーティンです。

まとめに

さて、ダブル不倫のメリットをあげていきました。

お互いが同じ状況というのはとても強みになることが解りますね。

不倫はダメだと頑なな態度の人であれば難しいですが、成立してしまうと都合のよいこともあるのです。

しかし、それ以上にデメリットも多いことを忘れてはいけません。