W不倫になりやすいシチュエーション

W不倫になりやすいシチュエーションについて書いていきたいと思います。W不倫とは既婚者同士が旦那、妻でない人と付き合うことです。W不倫には色んなシチュエーションがあると思いますが、何点かあるあるシチュエーションに対して書いていきたいと思います。

・職場での不倫

職場が同じところの人達が惹かれあうことはよくあることです。家庭で過ごす時間より、職場で過ごす時間の方が長かったり、旦那、妻が違う職場だったりする場合はより一層そういう関係になりやすいです。お互い結婚しているからという安心感と、職場という会いやすい環境です。

・同窓会

同窓会というのは一番なりやすいシチュエーションだと思います。みんな学生の時からの印象のままの再会で、みんな環境が違う中、昔好きだった人との再会があったときはより一層そういう関係になりやすいです。好きだった相手が昔より全然魅力的ではなくなっていた場合はそうはならないと思いますが、万が一より一層魅力的になってしまっていた場合はひかれていってしまうと思います。

・サークル、教室

結婚してからの趣味で、サークルや教室で出会うシチュエーション、例えば、テニスサークルとか料理教室など、今では男性と女性が一緒にできるサークルや教室が結構あります。料理教室やヨガでも男性が一緒にやったりします。そういった所で、共通の趣味の仲間と出会い、仲良くなって言って、イベントもあると思います。例えば、飲み会、バーベキュー、旅行まであるかもしれません。共通の趣味があるというのが大きなポイントで、こういった場合ひかれあうのに本当に時間がかからない気がします。

・小学校のPTA

これは子供のためにもよくないのですが、意外と小学校のPTAで知り合ってというシチュエーションもあるみたいです。お互いの子供が通っている学校だし、行事で顔を合わせることも多々有り、同じ学区だったら家も近い。子供のためにもこればっかりは避けて通りたいのですが、そこで学校の行事の準備や、PTAの会議で顔を合わせていくうちにということがあるみたいです。

・子供の習いごとの母親とコーチ

子供の習い事の母親と先生のシチュエーションもあるみたいです。子供のことを親切に教えてくれる先生に惹かれていく母親はそう少なくはないみたいです。特に専業主婦で毎日話す男性といえば旦那か子供といった女性だとなおさら、コーチや先生が男性の場合、ひかれていってしまうのです。この場合も子供が関係して子供が傷つくことがあるのでさけて通りたいシチュエーションです。

以上5件、私なりに思いついたシチュエーションを描いてみました。他にも多々あると思うのですが、こういったシチュエーションは既婚者同士が出会う場面としてありがちだと思うので描いてみました。きっと始まりは、お互い結婚してるし、遊びで終わるだろうと軽い気持ちで始まることをあるかもしれません。でもバレた時に2人だけの問題じゃなくなります。リスクもちゃんと考えて心にブレーキをかけましょう。



W不倫は実は都合のよいこともある

結婚生活を何年か過ごしていくと、時に悪い誘いが来ることがあります。

そうです、不倫です。

家庭を持っていながらにして恋人を見つけ、体の関係になってしまうという行為ですね。

やってはいけないことなのですが、実際に周りを見てみると、それなりに不倫をしている方はいるのもです。

その中でもお互い既婚者同士の不倫、ダブル不倫をしている方もいるでしょう。

このダブル不倫ですが、片方が独身という不倫と比べてメリットもあります。

ダブルだからこそ、と言うところですね。

ではどのようなメリットがあるのでしょうか。

まずは同じ立場であることです。

不倫をするというのは、自分の家族は手放さずに違う恋人を見つけることです。

ですので、先のない恋人という言い方も過言ではないでしょう。

しかし相手が独身であれば、もしかしたら本気になられてしまい、この先の関係を願ってくることもあります。

そうなったら厄介ですね。

既婚者側は家族を手放す気もなく、空いた時間に会えればよいというくらいなのに、独身側は離婚して自分と結婚してと言ってきたりと。

しかし両方が既婚者であればそれはありません。

お互いが同じ状況なので、それ以上を望まない同士なのです。

これはとても気が楽ですね。

状況が理解できるもの同士の利点なのです。

そしてもう一つのメリットは、もし喧嘩しても独りではないというところです。

不倫相手になった場合は、もし相手と喧嘩してしばらく会わないとなったときに、いわゆる恋人と距離をおいた状態になります。

孤独感を感じることになりますね。

しかしダブル不倫はお互いが元々相手がいる状態です。

不倫相手と喧嘩しても家に帰れば家族がいる状態なので独りではないですね。

ここに心の余裕が生まれます。

逆をいうと、その余裕があるからこそ、なかなか喧嘩にならないかもしれません。

このように、もし不倫相手と距離をおくことになってもお互いが孤独という寂しさを味あわなくてよいのです。

最後に言えるのは、ダブル不倫をしていることにより本来の家庭が上手くいくことにも繋がります。

ずっと同じ人と一緒にいることは時にストレスになります。

たまには羽を伸ばしたい、刺激がほしいと思うようになるでしょう。

そのストレスを発散してくれるのが不倫相手なのです。

たまに会って刺激をしあいながら、ストレス発散をする。

そしてまたスッキリして家庭に戻るというサイクルですね。

これは利にかなっているのではないでしょうか。

先にも言いましたように、お互いが同じ状況なので、会うことによって変に気を使うことはありません。

不倫によって家庭も上手くいくという、最高のルーティンです。

まとめに

さて、ダブル不倫のメリットをあげていきました。

お互いが同じ状況というのはとても強みになることが解りますね。

不倫はダメだと頑なな態度の人であれば難しいですが、成立してしまうと都合のよいこともあるのです。

しかし、それ以上にデメリットも多いことを忘れてはいけません。